なによりも子どもたちの未来のために。
球団をはじめ地域住民と自治体が一体となり、北海道日本ハムファイターズが現在検討している北海道日本ハムファイターズBP(ボールパーク)構想を真駒内公園で実現するために南区内全域による署名活動を行います。

北海道日本ハムファイターズBP構想について

 現在札幌ドームをホーム球場としている北海道日本ハムファイターズが、将来的なホーム球場移転を前提とした上記構想を、平成29年6月29日(木)に公式サイト上で発表したものです。

 引用元:https://www.fighters.co.jp/news/detail/00000329.html

 公表内容は主に方針やコンセプトのみに留まったものの、『“アジアNo.1”のボールパーク』を目指すことを明言しており、周辺施設の併設を前提とした新球場建設が予想されます。また、自治体・企業・その他各種団体およびファンの皆様と協働して「新球場を核としたまちづくり」を進めるとしており、移転先にもたらす経済および地域活性化効果は多大なものと考えられます。

BP(ボールパーク)とは

 ボールパークの定義について日本では明確ではなく、少なくとも野球の本場アメリカでは野球場そのものを指すことが多いようです。しかしながら、アメリカプロ野球チームのホーム球場の多くが競技を目的とした施設機能のみならず、球場周辺の商業施設、外野席のプール、球場内の展望レストランなど併設していることから、「競技場としての野球場」+「多種多様な施設」=ボールパークと捉えて差し支えないでしょう。

BP構想実現の地としての「真駒内公園案」

 札幌のみならず北海道全体の話題となっている北海道日本ハムファイターズの球場移転及びBP構想ですが、球場移転先については、札幌市南区の真駒内公園内と札幌市に隣接する北広島市の総合運動公園のいずれかにするとしています。
 そんななか、これまでの球団による移転計画で球団側から札幌市へ真駒内公園案を逆提案されました。一度は早々と立ち消えとなった真駒内公園案ですが、真駒内公園を所有管理する北海道も前向きなことから現在真駒内公園案が一部のマスコミの間では大本命となっているそうです。

「真駒内公園」有する南区の現状

札幌市南区の現状

  1. 1972年に札幌冬季五輪が開催され、当時整備されたインフラや建築物の老築化により、周辺地域の再整備は急務である。現在の地下鉄真駒内駅前の状態は、近隣周辺地域の発展を妨げていると言っても過言ではない状況であり再開発は急務である。
  2. 札幌市の10区でいちばんの人口減少率とそれに伴う高齢化率で、札幌市内でいちばんの疲弊化が進んでいる。
これら現状への対策が急務と考えられますが、その最中に急浮上した「真駒内公園案」は待ち望んだ南区活性化につながる起爆剤そのものであると確信するものです。

「真駒内公園案」に対する地域住民の反応

 「真駒内公園案」実現に大義があると確信する一方、真駒内地区はもとより南区全域のBP構想への盛り上がりが欠けている、むしろ「地域の反対」の声が大きいという現実がありました。果たして「地域の反対」とはいったいどういう理由なのかと意見集約したところ、大きく分けて以下の反対意見となりました。

  1. シーズンを通して道路の混雑が予想され、今まで以上に車両の渋滞が予想される。
  2. 人の流れにより静かな住環境に影響を与える。
  3. 真駒内公園とその周辺の環境破壊への危惧。
今回、そんな我々地域住民の不安な部分を球団と自治体にも正確に理解していただくために意見フォームを開設しました。署名と一緒に球団と自治体にお渡しします。

署名活動の展開

 「地域の反対」の声を理解すること、地域活性化の手段が現状の平穏を脅かすことになることは望むところではなく、当会としても無条件でBP構想を歓迎するものではありません。
 いつまでも地域に愛されるプロスポーツチーム・球団として我々とともにこの南区に根を張ってもらうことを大前提として、未来の子供たちにも誇れるより良いものが実現できるように地域住民の実際の声を球団・札幌市・北海道に理解してもらう、そのためには署名活動と地域住民の声の吸い上げが必要と考えました。

署名活動概要

署名対象

  1. 南区在住の市民(直筆のできる全年齢対象)
  2. 南区の企業とそこで働く方

活動内容

 南区内の各地で署名活動を行います。また、ホームページでは賛同署名用紙をダウンロードして活動にご協力頂けるようにしています。またご意見や要望などを記載する賛同フォームも開設しその意見は球団と自治体に署名と一緒に渡します。
 署名の締め切りは2月末まで、速やかに整理・精査したのち球団・札幌市・北海道に提出いたします。
 署名活動の目標は、南区の総人口であるおよそ14万人の5%、7,000人を目標として考えています。

なによりも未来の子供たちに誇れる、今まで以上の素晴らしい地域を実現するために、球団と自治体、そしてなによりも我々地域住民が一体になって創る街づくりを実現するために、ただただ反対するのではなく、お互いが問題点を洗い出し、それを改善する努力をすることにより今まで以上に活気ある住み良い街づくりが出来ることを目指していきます。

ご署名はこちら

署名用紙

>> 用紙ダウンロード <<

宛先
〒005-0015
札幌市南区真駒内泉町1丁目1番1号
札幌南郵便局留「北海道日本ハムファイターズ BP真駒内公園案を実現する市民の会」

署名フォーム

個人情報の取り扱いについて

北海道日本ハムファイターズBP構想(以下、当活動)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、関係者各位に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。
個人情報の管理:当活動は、皆様の個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
個人情報の利用目的:皆様からお預かりした個人情報は、当活動の目的のみ利用し、いただいた情報は北海道日本ハムファイターズと札幌市と北海道に提供します。
個人情報の第三者への開示・提供の禁止:当活動は、皆様よりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・ご本人の同意がある場合
・法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策:当活動は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会:ご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し:当活動は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。